知り合いの保護者さん、働き始めたそうです

私は今は無職なので、結構ぶらぶらと近所や街中を自転車で動いています。
すると、以前、次子が通っていた幼稚園でお知り合いになった保護者さんと出会いました。
なんとなく元気がなさそうだったので「どうしたの?ちょっと元気無さそうだけど。」と、思わず聞いてしまいました。
そいうのは、その方はいつも元気で笑っているイメージだったのです。
もしかして悩み事でもあるのかな、と感じたのですが・・・ちょっと違いました。
どうやら、昨年からパート仕事を始めたようなのですが、ちょっと体の疲れを感じているようです。
「分かる〜・・・無理すると、やっぱりしんどよね〜。」私も多いに共感しました。
また、人によって”大変”と思うところは違って当たりまえ。
まして、その方は10年以上専業主婦をされていたので、急な環境の変化に気持ちがついていかなかったのかもしれません。
それも分かります・・・本当に。なんとか乗り越えてほしいです。
実は、結構無駄に心配性の私は、派遣フルタイムで働き長子出産で退職となる時には、いずれは収入を得るために、と色々とイメージしていました。
いざ、産まれると預ける場所の問題もありましたし、いったん派遣フルタイムで働いたものの、会社の状況も変わり再び無職になりました。
その数か月後に次子を産み、また預け先問題にぶち当たりながらも、毎日のパート仕事を得ますが、また別の事情で退職。そして再び派遣フルタイム勤務。
なんだか疲れたんですよね・・・心配性だったので、アレコレ考えてしまい、その間、自分を労わることを忘れていました。
そのお陰で、ほんの少し家計や住宅ローン返済や、貯金にも貢献出来ました(経済的には良かったのですが・・・・今はゆっくりさせてもらってます)。
そして今、どの保護者さんも「子供にお金かかるし」と、ソロソロと働き始める傾向にあります。
タイミングはそれぞれですが、完全に手ぶらでのんびり主婦する方って、少ないのかもしれませんね。キレイモ 無料

知り合いの保護者さん、働き始めたそうです

これが最後になるわきゃない。77歳VS47歳…

郷里を離れて気が付けば27年も経っていた。この前に母と会ったのは嫁と2人で帰郷した10数年前。「足腰が動かなくならないうちに」と、最後に私と話をしておきたいと関西から遠く離れた南の島まで飛行機で飛んで来た。「足腰が…」「最後に…」とメールにあったので、「これはもしかして…」それなりの想いを抱いて母はやって来るのだろうと考え、親孝行などした事もなかったなあ、「よっしゃここは手ずから俺の手料理を!」3泊4日の予定だったものが1日延長4泊に。初日の夕食、鍋。2日目の朝食、フレンチトーストと前日の鍋の残り。昼食、腹一杯で食えない。夕食、中華チャーハンと掻き玉汁。3日目朝食、初日に食い切れずまだ残っていた鍋の「おじや」完食。昼食、腹一杯で食えない。夕食、母がチャーハンを気に入ったので再度チャーハンとバジル風味ポトフ。4日目朝食、フレンチトースト。昼食、ナスと豚肉の味噌炒め。夕食、オリジナル出汁おでん。5日目朝。前日の残りのおでん。手ずからのつもりが、嫁の手助けが無くては到底、無理だった。食う、食う。喋る、喋る。母77歳…にして47歳の私、脳みそヘロヘロ…。母の聡明さは以前から分かってはいたが、頭の回転しかり、その脳内エネルギーと来たら凄かった。「足腰が…」。すっかり忘れていた。キャッシング即日 審査安心

これが最後になるわきゃない。77歳VS47歳…