ドイツでは意外とソーセージ屋台を見かけない

ドイツと聞くとソーセージを思い浮かべる人が多いと思います。「ドイツに行くとソーセージの屋台やお店が軒を連ねているのだろう」と思う人はたくさんいます。ところが、私の経験上、ドイツに行ってみると意外とソーセージの屋台を見かけることはありません。私が行ったのはフランクフルトとハイデルベルクでしたが、なかなかソーセージの屋台は見当たらないのです。しかし、だからこそ、ソーセージの屋台を見つけた喜びはひとしお。ある屋台ではソーセージの種類が5種類くらい用意されていて、パンで挟むか・挟まないか、挟まないならカットするか・カットしないか、さらにソースをかけるかどうするかまで聞いてきます。ソーセージ1つにこれだけこだわるのはさすがドイツです。個人的にはソースは少なめにかけてもらうのがオススメ。ドイツのソースの味は濃いので、量が多いとソーセージの味をかき消してしまうのです。皆さんもドイツを訪れる際はソーセージ屋台を意外と見かけないことに驚きつつ、頑張って屋台を見つけてソーセージを味わってみて下さい。屋台を見つける苦労も合わさって、おいしさ倍増です。

ドイツでは意外とソーセージ屋台を見かけない